愛しくて……




愛しすぎて……



この気持ちはきみに伝わるだろうか………?





To you dear...

平次SIDE





「工藤」

呼ばれた新一が振りかえるのと同じに、平次はさっと新一の唇を掠め取る。

「っ ///!?」

新一の顔がみるみるうちに赤く染まっていくのを、平次は目を細めて笑って見る。



付き合って5ヶ月は経とうというのに、新一は軽いキスでさえも慣れずにいる。

そんなところも可愛くて、可愛くて……。


俺、ほんまに工藤にはまってんのやなぁ……

そんなふうに思う自分も嫌いじゃなくて。本当にどうしようもないと思う。



「っのバカッ!い、いきなりすんなっていつも言ってんだろっ ///!!」

照れ隠しに怒る姿も本当に可愛くて。

「かぁわええな、工藤vv」

「っ ///だからっ!!可愛いとか言うなとも言ってんだろ///!!」

怒っている新一をギュッと抱きしめると、新一は更に赤くなって平次の腕の中でじたばたと抵抗する。



「ええやん♪工藤は可愛えんやから♪」

そう言って新一の頬にキスをすると、新一は何か物言いたげに赤い顔をして平次を睨みながらも黙って腕の中に収まった。


「〜〜服部のバカ…」

「ええよ。俺は工藤バカやから♪」




「……ホント、バカだな…」

新一は力を抜いて平次の肩に頭を預け、ゆっくりと平次の背中に腕を回した。

その行動が本当に可愛くて。

平次は新一の頬に手をかけて上を向かせると、新一の唇を奪った。

唇が触れた瞬間、少し新一の体がピクリと緊張する。


かぁわええvv


そんな新一の緊張をほぐしてやるように平次は優しくキスを繰り返す。

そうしていると次第に新一の体から力が抜けていくのがわかる。

平次は心の中でくすっと笑いながら、深いキスを仕掛ける。新一の舌を絡め取り、存分に味わう。


「んっ……ふ…………っ」


新一の声にそそられて、より深いキスをする。


最初は新一が可愛くて仕掛けたキスだったが、気がつけば自分がどっぷりとはまってしまっている。



新一が可愛くて。



新一が欲しくて。



新一が愛しくて…。








愛おしくて……。








「…っとり……」

新一に自分の名前を呼ばれると、胸の中に暖かい何かが広がっていくのが解る。

言葉にならない何かが心を満たして。溢れ出してくる。


「好きやで、工藤」

そっと囁いてやると、新一は本当に嬉しそうな顔でふわりと笑う。

その笑顔につられる様に平次も自然と顔がほころぶ。



素直じゃない新一が自分から好きだということはほとんどない。

でも伝わってくる。


―― 瞳全てが俺に惚れてるて言うてる。体全体で俺が好きやて言うてる。


新一はもてるから不安や心配が絶えることは無い。


でも知っている。


―― こないに可愛く笑うのは俺の前でだけ。こないに綺麗に笑うのは俺が居るときだけ。

俺の言葉一つで……工藤はめちゃくちゃ幸せそうに、笑う。





せやから俺は今、めっちゃ幸せに酔いしれている。








〜 fin 〜
二人でいるだけで、幸せvv
Index > Top > ノベRoom > To you dear…1